Serafino Tradition

DSCF1246

Sonud faber Serafino Tradition

期待している製品をようやくフロアーで試聴する機会に恵まれました。すでに製品発売開始という情報は出回っている新製品 Sonus faber Homage Tradition series 、実際のスピーカーが入荷する前からの前評判が非常に高く弊社でも限定的に試聴が出来る期間はありましたが他のフロアーでの再生でしたのでなかなか手に掴むような感触ではありませんでした。なかでも新たなラインナップとなる Serafino が気になってしまい、Amati や Guarneri を聴きたい気持ちを抑えて Serafino への興味が高かったのです。そして今回 Serafino の試聴となりました。

DSCF1258

今回はシステムにも拘りました。少し前の話ですが、Brumester のプリメインアンプ101をフロアーで再生している時に感じた音の世界を常設している Franco Serblin KTEMA ではどのように表現できるのか確かめたかったこともあり、その時が来ればセパレートシステムでと予定して Brumester 035 と 036 製品の準備を事前にしていたのでした。その準備に重なるように Sonus faber Serafino がフロアーに来るということで、聴きたかったシステムでSeradino も Ktemaも再生ができるとは、良いタイミングが重なりこれはまたとないチャンス。

DSCF1280

ソース機器は変更せず、デジタルには LINN KLIMAX DS/3 と LUXMAN D-06u、アナログプレーヤーは LINN AKURATE LP12、そこにプリアンプ Brumester 035 と パワーアンプ 036 を組み込んでスピーカーに Sonus faber Serafino となります。

今日はシステムを組んで1日目なのでゆっくり様子を見ようと思いまず選んだ ベートーベン ロマンス第1番(ベルナルド・ハイティンク指揮、ヘンリック・シェリング & ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、1970年録音) を再生したのですが、ゆっくり聴こうと思う気持ちも少しどこかにいってしまいました。今までのシリーズからは明らかに音離れがはっきりしていて、楽器数が重なるほどそれが明確に伝わってきます。その中にしっかり Sonus faber 伝統の心地良さと響きがあり、独特な音の名残が表現されるこの感触はやはり Sonus faber の音作りの伝統なのだと感じます。鳴らしてすぐにこの感触が伝わってくる事に驚きますが、確実にそして聴き手にしっかり伝わるブラッシュアップは長年ファンの多いシリーズとして絶対に手を抜けないものです、その中で一歩も二歩も先を魅せてくれるスピーカーに仕上がっていると思います。きっと明日からの再生ではまた違った音を聴かせてくれると思いますので、私も楽しみです。

DSCF1249

フロアーでの再生は一週間ほどの期間となります。

ダイナミックオーディオ3F:柴田

 

製品のお問い合わせは
電話:03-3253-5555 (担当:柴田)
メール:柴田
にてお気軽にお問い合わせください。

 

中古品、お得なプライスの製品リストは下記よりご覧ください。
USED & SALE

 

 


CLASSIK トレードインサービス!!
CLASSIKユーザー様へのアップデートキャンペーン中です。

 

製品のお問い合わせは
電話:03-3253-5555 (担当:柴田)
メール:柴田
にてお気軽にお問い合わせください。

$S.A.HALLのブログ

$S.A.HALLのブログ
LINN LP12、DSのセットアップはお任せください。
製品へのご質問、お問い合わせもお気軽にお寄せください。

当ブログに掲載しました特価品、中古品などのご成約、商談中などへの表記変更は基本的には致しておりません。最新情報は「USED & SALE」ページにてご確認ください(更新内容は数日前後する場合もございます)。ご不明な場合は直接担当:柴田までお問い合わせをお願い致します。

ソフトの紹介は「こちら」で地味に継続中。

3Fの情報は「3FのHP」からご覧ください。

ダイナミックオーディオ5555 -3F-
Phone.03-3253-5555
担当:柴田
mail:shibata@dynamicaudio.co.jp

広告